« 黒松本舗草月の黒松 | Main | SHUTTERS【代官山】 »

Friday, June 18, 2004

KAN【池尻大橋】

今回紹介するのは池尻大橋の「KAN」。
大学時代の友達の結婚パーティで行う余興について打ち合わせる為、
たまたま飲食関係の仕事をしている友達が関わっているお店ということで利用しました。
目黒川沿いにひっそりとたたずんでおり、また看板がない為、
場所を知っていないと、見つけるのは意外と大変かも。。
実際僕は1度通り過ぎてしまいました。(笑)

ちなみに店名のKANとは「囲う」という意味らしく、店が客をかこってお客様を温かく
お迎えするという思いが込められているとのこと。
店内はカウンターのみで構成し、スタッフと客が対面同士向き合うことで、
隅々にまでサービスが行き届くような配慮が感じられます。

僕達をもてなしてくれたのは、店長の野本さん。
今回は一見ということもあり、店長のオススメの料理を全て受け入れました。
店長曰く
「人と接したり、話したりする事が好きでないとやってられないですよ」とのこと。
うーん、そんな人柄がきっと接客に表れているんだろうなと納得。

肝心の料理ですが、全国各地から旬の素材を取り寄せて作る為、
毎月メニューが代わるとのこと。
今回は店長にほぼお任せだったもの、その全てがおいしかった!
中でも、個人的に気に入ったのは「つくね」。
これはただのつくねではなく、周りをご飯でコーティングして
その上に味噌を塗って、軽く焼いてあるという一工夫がされており、
柔らかいつくねと少しパリッとするご飯の食感の加えて、
少しこげた味噌の香ばしさが絶妙のハーモニーを奏でており、
そのおいしさに思わずタップ。

それから、訪れた人が必ずといっていいほど食べるという「たまごかけごはん」。
ご飯にまぐろぶし、ごま、生卵、きざみのり、ほそねぎがかけてあって、
その上に熊本の醤油(ドロッとして重い)をかけていただくというもの。
ただのたまごかけごはんなのに、素材の組み合わせだけでここまで
味が変わるものかと、感激!!
好きな人は、5~6杯いっちゃうそうです。
締めで出してもらった、デザートのアイスも上に粒こしょうがちりばめられて、
バニラの甘さの中にちょっとしたピリ辛さが大人の味って感じでした。

「料理が美味しいお店を知っているか?」との問いかけに対して、
悲しいことに食べ歩き好きの割には、パッとお店の名前が出てこないが、
ここは確実に僕の五感全てに強く印象が残ったお店であることは間違いない!
周りの人に教えたいけれど、あまり知られたくもないお店です。

ちなみにメディアにはあまり露出していないと言っていた店長だが、その数日後
本屋でたまたま大人の休日6月号を立ち読みしていたら、紹介されてました。
「てんちょお~!!」

今回は名物の馬刺しが切れていて、食べれなかった為
また近いうちに行こうかなと。。

今回食した料理の一部を紹介します。

-写真準備中-

個人的評価:★★★★★(文句なし!!)

|

« 黒松本舗草月の黒松 | Main | SHUTTERS【代官山】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3771/792072

Listed below are links to weblogs that reference KAN【池尻大橋】:

» KAN [グルメの戯言]
月曜の夜は池尻の「KAN」という和食屋に行った。 ここも携帯電話に電話番号を入れていて行こうと思っていた 店のひとつある。   場所は池尻大橋の駅と中目黒の駅の間だが、やや池尻の 方が近いと思われる、目黒川沿いの看板のないお店であった。   店内はすべてカ... [Read More]

Tracked on Thursday, July 28, 2005 at 16:23

« 黒松本舗草月の黒松 | Main | SHUTTERS【代官山】 »